審美歯科 オールセラミックブリッジ

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
03-3563-5566
平日10:00-13:30 / 15:00-20:00 休診:土日祝
アクセス・地図 お問い合わせ

ブリッジ

審美歯科ブリッジ

  1. TOPページ
  2. 審美歯科
  3. オールセラミックブリッジ

オールセラミックブリッジ
▲オールセラミックブリッジ

現在、ブリッジをしているが古く変色してきた、金属が見えてきた、なんとなく違和感がある…。このような症状に方には、オールセラミッククラウンを連結させてたオールセラミックブリッジへのやり替えを行っております。

歯ぐきとの境目を自然に見せることのできる「審美歯科ブリッジ」も症例により行える場合がありますので詳しくはご相談ください。

審美ブリッジ「オベイトポンティック法」

審美歯科ブリッジ
▲オベイトポンティック

審美性の高いブリッジ「オベイトポンティック」という方法です。

歯ぐきの当たる真ん中の歯に丸みを持たせ、歯ぐきとの境目を自然に見せる方法です。古いブリッジをやり直す場合によく適応されるケースです。

両隣の歯を削る量が少ない接着性ブリッジ

接着性ブリッジ
▲両側の羽根を歯の裏側に貼りつけ固定するタイプのブリッジ

このブリッジは主に前歯に使われ、両隣の歯の裏に羽根のような形で接着し、ブリッジを確立する方法です。

これにより両隣の歯を削る量が少なくて済みますが、耐久性の点では、通常のブリッジには劣ります。また適応する場所や症状も限られてきます。歯ぎしり・食いしばりのある方は外れやすいリスクもあります。

詳しくはお問い合わせください。

よくある質問

現在のブリッジが変色して金属も見えてきているのでやり直したい
オールセラミックによる審美性の高いブリッジのやり直しを行っています古いブリッジの裏側の金属が見えてきた場合は、過去の保険のブリッジやメタルボンドによるブリッジが入っている可能性があります。当院では金属を全く使わないオールセラミックブリッジを取り扱っております。
奥歯が1本無いですが、ブリッジにするべきでしょうか?
ブリッジ以外にも様々な治療方法がありますブリッジのデメリットは、どうしても両隣の歯を削ってしまうことにあります。ご希望やご予算に応じてになりますが、一番咬合力を回復できるのはインプラントによる歯の回復です。さまざまな治療法が考えられますので、詳しくはお問い合わせください。

ブリッジ治療の流れ

治療の流れについては、オールセラミッククラウンにおける治療の流れと同じです。

詳しくはオールセラミッククラウンページ内の「治療の流れ」の項目をご覧ください。

地図

〒104-0031 東京都中央区京橋2-17-3

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
03-3563-5566
平日10:00-13:30 / 15:00-20:00 休診:土日祝
アクセス・地図 お問い合わせ

宝町駅A2出口:徒歩0分 京橋駅4番出口:徒歩3分
八丁堀駅A3出口:徒歩5分 銀座一丁目駅:徒歩8分
東京駅八重洲口:徒歩10分

診療時間表

歯科医師紹介

治療メニュー

短期治療

無痛治療

歯科技工士 紹介

ページの先頭へ